忍者ブログ
検索に引っかからないので名前変えました

2017

0817
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011

0215
http://hazumu.karou.jp/true_Valentine.html

Chromeとかで見てください
PR

2011

0215
一日経っちゃったけど今年もやるよー

去年:http://hichichi.blog.shinobi.jp/Entry/133/
一昨年:http://hichichi.blog.shinobi.jp/Entry/95/


ルールは同じ。最初の更新後初めてついたレスから最後の更新があった時に立っていたスレの最終レスまでのカウントとなります。
(06:58:32から03:02:30まで)



BP11448.mht 607 (27レス目以降)
BP11430.mht 393 1000
BP11431.mht 692 1692
BP11432.mht 565 2257
BP11433.mht 467 2724
BP11434.mht 336 3060
BP11435.mht 408 3468
BP11437.mht 630 4098
BP11438.mht 574 4672
BP11439.mht 571 5243
BP11440.mht 658 5901
BP11441.mht 535 6436
BP11442.mht 423 6859

合計13スレ6859レス
去年と比べて1レス少なかったもののレス数は+161
1スレ辺りのレス数は527.6レス
夕方落ち込まなかったからでしょうか

某所は273-500で228レス

2011

0213
前回の更新から3ヶ月半ほど経ちました。
その間コミケ行ったり、その帰りに紀勢本線乗り潰し(和歌山-和歌山市含む)たり、伏見稲荷に初詣に行ったり、河原町のスイパラ寄ったり、自宅帰宅後平年比1400%(70cm)の雪をかいたり、datやimg共に書き込めなくなったりしました。地味に困ります。


明日はバレンタインですね。
毎年恒例のバレンタイン更新はあるんですかね。
カレンダー的には今年も追いかけようかなーと思っています。

















ふぶふぶ!

2010

1030


 帰宅して着替えていると背後からカチャ、という音がした。振り返ると海晴姉がドアの隙間から首を覗かせていた。
「今日はずいぶん遅かったわね、霙ちゃん」
「あぁ、今日は――」
 弟に連れられてぜんざいを食べに行っていた、と言うと海晴姉はにやりと笑った。
「へぇ、弟クンとねぇ……二人っきりで?」
「うむ」
「そういえばこの前も一緒にどこか出かけてなかったかしら」
「アイツがどこそこに新しい店が出来たから行ってみないか、と誘うので何度か」
 ふうん、と海晴姉は笑って、
「なんだか姉弟じゃないみたいね」
 と、おかしな事を言った。
「何を言うか。アイツと私はちゃんと血が繋がっているんだろう?」
「でも、お姉ちゃんと一緒に甘い物食べに行きたいなーって誘ってくる弟なんてそうそういないわよ?」
 それはどういう……
「まるで恋してるみたい」

 恋?

「アイツが、か? 別にアイツはそんな風になんか考えて――」
 いるわけがない。私達は家族なのだから。姉と弟でしかないのだから。
 そんな感情抱くはずがない。
「えー。さっきすれ違ったけど弟クンすっごい嬉しそうな顔してたわよ? 姉弟で出かけたってだけであんな顔はしないと思うけどなぁ」
「それはあの店のぜんざいが美味かったからだろう」
「そうかなぁ、それだけじゃないんじゃなかしら。弟クン、霙ちゃんが好きだからよ」
 まさか。
 アイツは……そんなはずは……。
「じゃなかったらあんな顔いないわよ。霙ちゃんのことが好きだから一緒に居たいのよ。美味しいお店を教えたくて誘ってるわけじゃないと思う。霙ちゃんだって甘い物が食べたいってだけ。ついて行ってるわけじゃないでしょう? それは弟クンと一緒に居たかったからじゃないかしら」
「そんな事は……」
「無い――って思っているだけで、気付いていないだけでそれは弟に対してのそれじゃなくて、男の子に抱く好意なのよ」
 霙ちゃんニブいからちゃんと教えて上げないと一生気付かなかったかもね、と海晴姉はウィンクをしてみせた。





「あ、姉さん、生徒会の仕事もう終わったの?」
 校門を抜けて帰ろうとしていると門柱の影から弟が現れた。
「なんだお前、そんなところで何をしてるんだ」
「やだなぁ、姉さんを待ってたんだよ」
「……。私なんかを待ってないでさっさと帰れ。そしてチビ達の相手をしてやれ」
 全員お前が帰ってくるのを待っているんだぞ。
「昨日や一昨日はそうしたよ。だから今日はさ、霙姉に相手してほしいな」
「私がお前の、か」
「うん。駅の方に新しくたいやきの店が出来たらしくてさ、そこ行ってみたいなって」
「たいやき屋ぐらい別に一人でも行けるだろう」
 私を待つ事なんて無かっただろうに。
「それが小倉やカスタード以外にも抹茶とかチョコとかいくつか種類あるみたいでさ、色々食べてみたいんだけど一人で何個も食べるわけにいかないじゃん?」
「あぁ、なるほど。半分ずつなら一つ分でも二種類食べられる、と」
「そういうこと。早く全種類制覇したいけど毎日食べるのは辛いからね」
「それに金も半分で済むしな」
 うん、それが一番でかい、と言って弟は笑った。
「じゃ、行こうか姉さん」
 と、私の手を引いて歩き出した。
 だが私は、
「いや、今日は都合が悪いんだ」
 嘘をついた。
「え……?」
「先約があってな。すまないが今日は一人で行ってくれ」
 驚いて足の止まった弟の手を払い、追い抜く。
「帰ったら感想でも聞かせてくれ」




 弟が『姉』を誘っているわけではないと気付いていても、一緒に行きたいと思ってしまった。
 だから、余計に。一緒に行ってはならないのだ。
 その気持ちに応えるようなことをしてしまったら、アイツはどう思うだろうか。
 私の事を姉として見なくなってしまうのではないだろうか。
 もし、そうなってしまったら私たちは姉と弟の関係ではなくなってしまう。
 だからといって他人になれるわけでもない。家族は家族だ。
 なれぬものになろうとし、持てぬ幸福を求めるよりも、
 仲の良い姉弟であり続けるほうがまだ、幸せというものなのではないだろうか。
 だから、


「捨ててしまえばいい」

2010

0724





で、これいつのやつ?
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[09/12 長男]
[02/17 cana(管理人)]
[02/16 NONAME]
最新TB
プロフィール
HN:
cana
性別:
非公開
自己紹介:
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP